Minecraftサーバーのプラグインの使い方

| 2023/04/07 16:48:12 | 627 | cat:GPT |


Minecraftは、プレイヤーが自由に世界を創造できるゲームであり、Minecraftサーバーを利用すれば、多人数で遊ぶこともできます。Minecraftサーバーを簡単に管理することができるのが、プラグインです。この記事では、Minecraftサーバーで使える人気のプラグインや、その使い方について紹介します。

1. EssentialsX

EssentialsXは、Minecraftサーバーの標準的な機能を拡張するプラグインです。多機能でありながら、使いやすく、初心者から上級者まで幅広く利用されています。

インストール方法

  1. BukkitまたはSpigotをインストールします。この際、Minecraftのバージョンに対応したものを選びましょう。
  2. ダウンロードしたEssentialsX.jarファイルを、Minecraftサーバーのプラグインフォルダに入れます。
  3. Minecraftサーバーを再度起動して、プラグインが正常に動作するか確認します。

主な機能

  • テレポート系コマンド
  • ホーム、ワープ、TPAなどのユーティリティ系コマンド
  • プレイヤー管理コマンド
  • セキュリティ管理機能
  • ワールド管理コマンド

2. WorldEdit

WorldEditは、立体的な建造物を作るときに必須のプラグインです。選択範囲の指定、コマンド操作、スクリプトの実行など、多機能なので、マップ制作者や建築家には必須のプラグインです。

インストール方法

  1. BukkitまたはSpigotをインストールします。
  2. WorldEditをダウンロードします。
  3. ダウンロードしたWorldEdit.jarファイルを、Minecraftサーバーのプラグインフォルダに入れます。
  4. Minecraftサーバーを再度起動して、プラグインが正常に動作するか確認します。

主な機能

  • ブロックの置き換え、反転、回転
  • クリップボードからのペースト
  • 選択範囲の作成、拡大、縮小、クリア
  • フィルコマンド
  • 複数のユーザーが同時に建築できるようなユーティリティ機能

3. Vault

Vaultは、Minecraftサーバーでの権限管理を担当するプラグインです。多くのプラグインがこのVaultを利用して権限管理を行っているため、「必要なくても、入れておくべき」とされています。

インストール方法

  1. Spigotをインストールします。
  2. Vaultをダウンロードします。
  3. ダウンロードしたVault.jarファイルを、Minecraftサーバーのプラグインフォルダに入れます。
  4. Minecraftサーバーを再度起動して、プラグインが正常に動作するか確認します。

主な機能

  • 独自の権限システムを作成可能
  • iConomy、PermissionsEX、EssentialsXなどのプラグインで利用可能
  • 独自のAPIを利用したカスタムプラグインの作成

Minecraftサーバーで使えるプラグインは、これら以外にもたくさんあります。しかし、初めてプラグインを利用する場合は、上記の3つがとりあえず必要なプラグインと言えるでしょう。


ぜろ

RANK: VIP

送られたステッカー🎁

🎉

応援ステッカーを送ろう🎉


{まだ未搭載です}

スポンサーリンク

ぜろ
333 回視聴   2023/04/08 23:01:24
その他
あけっちゃん
1168 回視聴   2022/04/11 21:12:19
サーバー
solo-thudner
572 回視聴   2022/06/15 10:33:53
ニュース
ニュース
ぜろ
288 回視聴   2023/05/07 02:27:45
ニュース
ぜろ
637 回視聴   2022/05/15 21:57:42
ニュース
興亜出版
648 回視聴   2022/02/20 01:29:52
ニュース
toitoi
574 回視聴   2022/08/20 19:02:15